日常生活~お役立ち情報~

日常の『?』の手助けに!

*

ノロウイルスの予防を家庭でする方法は栄養摂取と消毒?

   

秋から冬にかけて流行するノロウイルス。

その時期と言えば「受験」を控えている学生も多く、特に体調・健康面を気にしている受験生やご両親も多いのではないでしょうか?

ノロウイルスは非常に感染力が強く、現在では予防接種などの特効薬も無いので尚更心配ですよね;

そこで、ノロウイルスの感染率を少しでも下げるために!

①ノロウイルスの予防として家庭でできる基本的な事

②ノロウイルスの予防の為の食事

③ノロウイルスの予防として消毒

家族みんなで協力して、家庭内で出来るこの3つを紹介していきます!

スポンサードリンク

ノロウイルスの予防で家庭でできる事は?

ノロウイルスの感染経路の1つとして、接触感染が挙げられます。
外出時にノロウイルスに感染した方が手で覆ってくしゃみなどをし、その手でドアノブやつり革などに触れると菌が付着します。
その場所に触れる事により自分の手に菌が付着して、口や鼻に触れる事で体内へ侵入します。

そこで基本的な事ですが「手洗い」はとても重要です!

菌を家に持ち込まない為に、帰宅後すぐの手洗いはもちろん!
料理をする前・食事をする前・トイレの前後などこまめに手洗いをしましょう。

手洗いで注意する点

ノロウイルスはアルコール消毒では効果が期待されません。
石鹸で丁寧に!

①手首
②手の平や手の甲
③指の間
④指先や爪の間

を意識してしっかりと行いましょう!

もう1つ基本的な予防としては「うがい」が挙げられます。
しかし、うがいについては風邪の予防にはなると証明されていますが、ノロウイルスには効果は期待できません。

直接的な予防としての効果は無くとも、間接的な予防効果はあります!

ノロウイルスは乾燥した場所を好むので、うがいによって喉を保湿する事ができます。
それだけでなく、風邪をひけば体内の免疫力が下がり、それだけノロウイルスに感染する可能性が上がってしまうので、うがいも大切なのです!

うがいで注意する点

①しっかりと手洗い
②最初はうがい液や水を口に含み、「グチュグチュ」させて吐き出す
 口の中を洗い流す感じです!
③上を向いて「お~」と言いながらうがいをする
④うがい液や水が口の中で温かくなったら吐き出す

③と④の流れは最低でも3回以上は行いましょう!

家庭でできる基本的なノロウイルスの予防としての「手洗い・うがい」はしっかりと行いましょう!

スポンサードリンク

ノロウイルスの予防に必要な栄養は?

予防接種などの特効薬がなく、感染力も強いノロウイルス。
こまめに手洗い・うがいを行っても菌が体内に入る可能性もあります;

体内に菌が入っても負けない体を作る為に、免疫力を高める栄養を摂取して食事からも予防しましょう!

①タンパク質

タンパク質は免疫細胞を作る元になります。
お肉・魚・大豆製品・乳製品などの栄養を取り、免疫力の元を作りましょう!

②善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)

ノロウイルスの菌は人の腸内で増殖します。
腸内環境を整える善玉菌の摂取はとても大切です!
乳酸菌と言えばヨーグルト・ヤクルトが代表的です。

③オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌と仲良しです!
善玉菌とオリゴ糖を一緒に摂取すると、善玉菌の増殖が高まります。
いんげん・ごぼう・たまねぎなどに含まれています。
それらの食品だと別料理となってしまいますが、バナナ・きな粉にもオリゴ糖は含まれているのでその2つならヨーグルトに入れて食べるとおいしく頂けますね!

④淡色野菜

緑黄色野菜に比べると栄養価は若干劣りますが、免疫力を高めるのには最適!
レタス・白菜・きゅうり・キャベツ・大根・もやしなど。
レタスと白菜が特に効果的です!
余談ですが、、最近は冬になると葉物が本当にお高いですよね;

⑤ファイトケミカル

聞きなれない栄養素ですが、第7の栄養素として注目をされています。
お茶のカテキンの仲間です。
ファイトケミカルの効用の1つで免疫力の強化をしてくれます。
キャベツ・キノコ類・白菜・バナナなど。
これらの食材を煮る事で効率よくファイトケミカルが摂取できます!

⑥ビタミンA・C・E

こちらも免疫細胞を活性化させてくれます。
キウイ・水菜・ニラ・小松菜・ホウレンソウ・カボチャなど。

紹介した栄養素で料理をする場合・・・
冬という事で鍋がとても効率いいですね!

野菜・お肉もバランス良く摂取でき、煮る事で効果的に摂取できるファイトケミカルを含んだ食材にもピッタリです!
デザートにはヨーグルトにバナナを入れる。飲み物はカテキンを含んでいるお茶!

免疫力を作り高める栄養素を紹介しましたが、何よりもバランスのいい食事が大切です!
紹介した栄養素も摂取しながら、主食の炭水化物なども摂り、食生活から丈夫な体を作りましょう!

ノロウイルスの予防として消毒?

ノロウイルスを消毒する上で有名なのが次亜塩素酸ナトリウム。
家庭にある、キッチンハイターには次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。

濃度を薄くする必要があり、キッチンハイターの場合は500mlのペットボトルの水に2ccの塩素系漂白剤を入れ、250倍の薄さにします。
便座やドアノブの消毒液として使われています。

しかし、次亜塩素酸ナトリウムは鉄を錆びさせプラスチックを腐食する可能性があります。

そこでお勧めするのは!

以前「ノロウイルス退治液」という商品名でしたが、現在は「空間清浄液」と名前の変わった商品です!
こちらの商品は安全で人に無害というだけでなく、鉄やプラスチックを痛める事はありません。

200mlで1980円という値段ですが、100倍に薄めて使用する為経済的にも優しいお値段です!

100倍に薄めた物を、噴射してスプレー消毒しても良し!
更に、加湿器にも使用できるので空気感染の予防にもなるのでお勧めします!

まとめ

ノロウイルスは予防接種がまだ行われていないので、各自でできる予防が大切になってきます。
受験生や受験生のご両親も心配になる秋から冬にかけて流行するウイルスなので特に体調には気を付けたいですよね;

この時期はノロウイルスだけでなく、インフルエンザやロタウイルスなども流行する季節なので、今日紹介した家庭でできる予防は是非参考にしてみてください!

スポンサードリンク

 - 健康・医療

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの予防接種を子供にする時期は?副作用や腕が腫れる?

毎年必ずニュースで話題になるインフルエンザ。 ニュースだけでなく、みなさんの周り …

ノロウイルスの症状は?感染しても症状が出ない?期間は?

ノロウイルスによる感染は1年中発生していますが、11月~1月の冬場にピークを迎え …

赤ちゃんにロタウイルスの予防接種は必要?症状と予防法?

毎年2~3月にかけて流行するロタウイルス。 乳幼児のほとんどが感染すると言われて …

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんに効果は?時期と副作用について

インフルエンザの予防接種を受けるにあたって6か月以上3歳未満/3歳以上13歳未満 …

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種を他の予防接種と?同時接種と副作用

赤ちゃんは生後6ヵ月からインフルエンザの予防接種を受ける事ができるようになります …

インフルエンザの予防に手洗いやうがいと空気清浄機の効果は?

毎年冬になると流行するインフルエンザ。 家族の1人が感染してしまい、やがては家族 …

赤ちゃんに予防接種!ロタウイルスはいつまで?副作用や料金

冬に流行時期を迎えるロタウイルス。 5歳になるまでに、ほとんどの乳幼児が1度は感 …