日常生活~お役立ち情報~

日常の『?』の手助けに!

*

赤ちゃんに予防接種!ロタウイルスはいつまで?副作用や料金

   

冬に流行時期を迎えるロタウイルス。
5歳になるまでに、ほとんどの乳幼児が1度は感染を経験します。

感染力が非常に強く、また個人でできる予防も難しい。
赤ちゃんほど重症化するケースも少なくありません。
また特効薬も無いので、予防接種をするかどうかしっかり考えなくてはなりません!
そのロタウイルスの予防接種ですが、いつでも受けられるものではありません。

そこでこの記事では、

①赤ちゃんのロタウイルスの予防接種の接種期間。(いつからいつまでに受けられるのか?)

②赤ちゃんのロタウイルスの予防接種後における副作用(副反応)はあるのか?

③ロタウイルスの予防接種の金額

について紹介してきます!

スポンサードリンク

赤ちゃんに予防接種!ロタウイルスはいつまでに?

まず、ロタウイルスの予防接種には「ロタリックス」「ロタテック」の2種類があります。

ロタリックス:生後6週~24週(この期間の間に2回の接種が必要)
ロタテック :生後6週~32週(この期間の間に3回の接種が必要)

ロタウイルスは「生ワクチン」に分類され、1度接種すると4週間以上の間隔を開けなければなりません。
そしてその4週間の間は他の予防接種を受ける事ができないのです

赤ちゃんは何種類もの予防接種が必要で、しっかり予防接種スケジュールを立てないと期間内に終わらない場合や免疫ができる前に病気にかかってしまうケースもあります。
そこで、スケジュールを立てやすくなる方法として「同時接種」というものがあります。

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種を他の予防接種と?同時接種と副作用

こちらの記事では、生後6ヵ月から受けられるインフルエンザの予防接種についてまとめてあります。
この中に同時接種についての説明がありますので、インフルエンザの予防接種も頭に入れながら参考にしてみてください!

スポンサードリンク

赤ちゃんにロタウイルスの予防接種後に現れる副作用(副反応)は?

まず、ロタウイルスの予防接種は注射ではなく直接飲むタイプのものです。
その為、よく聞かれる注射した患部が赤く腫れあがるといった事にはなりません。

考えられる副作用は、咳・鼻水・下痢・嘔吐・発熱などです。
そして、最も注意しなくてはならない副作用が「腸重積」(ちょうじゅうせき)です。

腸重積とは、腸の1部が腸に入り込み重なってしまう症状を引き起こします。
重症化すると、腸が懐死してします恐れがあります。

腸重積の症状として、不機嫌が続きよく泣く・顔色が悪くなる・お腹の右上にしこりのようなもの・腹痛・嘔吐・血便などが考えられます。
1度目のワクチン接種後約1ヵ月の間、特に最初の1~2週間は注意が必要なので赤ちゃんの様子をこまめに見ましょう!

赤ちゃんにロタウイルスの予防接種!料金は高額?

地域や病院によって料金は前後しますが、

ロタリックス
1回13,000円前後。
2回の接種が必要なので、26,000円前後。

ロタテック
1回9,000円前後。
3回の接種が必要なので、27,000円前後

双方とも約3万円と考えてよさそうですね。
他の予防接種と比べても高額な値段です。
地域の自治体によっては助成金がおりる場合もあるので、確認してみましょう!

まとめ

①ロタウイルスの接種可能期間が過ぎると接種不可となってしまうので、他の予防接種の兼ね合いも考慮してスケジュールをしっかり立てる。
②副作用は特に腸重積には注意する。
③ロタウイルスの予防接種の金額は高額なので、自治体で助成金がおりるのか確認してみる。

がこの記事のまとめとなります。
まずはこの記事を予備知識としてみてください。
そしてロタウイルスだけでなく、他の予防接種の為に病院にかかる機会も多いと思います。
そこで医師ともしっかりと相談し、予防接種のスケジュールや副作用について。
また副作用が現れた場合の対処法なども説明を受け、なにかあった場合にはすぐに行動できるようにしておきましょう!

スポンサードリンク

 - 健康・医療

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの予防に手洗いやうがいと空気清浄機の効果は?

毎年冬になると流行するインフルエンザ。 家族の1人が感染してしまい、やがては家族 …

インフルエンザの予防接種を子供にする時期は?副作用や腕が腫れる?

毎年必ずニュースで話題になるインフルエンザ。 ニュースだけでなく、みなさんの周り …

ノロウイルスの症状は?感染しても症状が出ない?期間は?

ノロウイルスによる感染は1年中発生していますが、11月~1月の冬場にピークを迎え …

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種を他の予防接種と?同時接種と副作用

赤ちゃんは生後6ヵ月からインフルエンザの予防接種を受ける事ができるようになります …

ノロウイルスの予防を家庭でする方法は栄養摂取と消毒?

秋から冬にかけて流行するノロウイルス。 その時期と言えば「受験」を控えている学生 …

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんに効果は?時期と副作用について

インフルエンザの予防接種を受けるにあたって6か月以上3歳未満/3歳以上13歳未満 …

赤ちゃんにロタウイルスの予防接種は必要?症状と予防法?

毎年2~3月にかけて流行するロタウイルス。 乳幼児のほとんどが感染すると言われて …