日常生活~お役立ち情報~

日常の『?』の手助けに!

*

ノロウイルスの症状は?感染しても症状が出ない?期間は?

   

ノロウイルスによる感染は1年中発生していますが、11月~1月の冬場にピークを迎えます。非常に感染力が強く、感染の拡大がしやすいウイルスです。
強い症状が出るノロウイルスですが、中には軽い症状や症状が出ない人も?
そこでこの記事では、ノロウイルスの症状・感染しても症状が出ない場合はあるのか・持続期間について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ノロウイルスの症状は?

まず、ウイルスが体の中に入り1日~2日後に発症するのがノロウイルスの特徴です。
代表的な症状が下痢と嘔吐です。
一般的に、高熱ではなく微熱から始まり激しい嘔吐や下痢、お腹をチクチクとさすような腹痛などの症状がある場合ノロウイルスに感染した可能性が高いと考えられます。
重症の場合、少量の水分補給のみでもその度に嘔吐してしまい、脱水症状までおこしてしまう場合もありますが、あれ、、、これ風邪かな?程度の軽い症状の方もいたりと判断が難しい場合もあります。

ノロウイルスに感染しても症状が出ない場合はある?

症状が出ない場合もあります
「不顕性感染」といい症状が出ない=本人でも気づかないのです。
ノロウイルスによる食中毒はノロウイルスに感染した牡蠣や貝類を熱を通さずに食べるという感染経路がありますが、不顕性感染により症状が出ておらず気づかなかった本人の調理した料理を口にし感染するというケースが多いのです。
感染力が非常に強いウイルスの不顕性感染の割合も多い事から、かなり厄介なウイルスと言えます。
症状が軽い場合や症状が出ないといった割合も多い事から、人から人への感染が非常に多く、更に特効薬も今現在ではありません。

スポンサードリンク

ノロウイルスの症状が持続する期間は?

1~2日ほどの潜伏期間を経て発症し、発症から2~3日で回復していくノロウイルスですが、回復してから短くて1週間最長1ヵ月はウイルスが滞在しています。
発症が確認された方で、もうなんともないから大丈夫!ではないのです;
その期間ももちろん感染力は高いので注意してください。

まとめ

非常に感染力の強いノロウイルス。
感染力と同時に症状も重症化すると危険ですが、、、反対に症状が軽い、あるいは出ないという特徴もあるので感染拡大、集団感染するケースも多くあります。
特効薬も無い為、一人が家族、家族が学校、あるいは会社などの広い範囲に渡っての感染を防ぐ為にも、まずは日ごろからしっかりと手洗いを2回行いましょう。
そして特に冬場は注意し、ノロウイルスの症状が確認された場合はすぐに病院で検査を行い安静にしておきましょう!

スポンサードリンク

 - 健康・医療

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんに効果は?時期と副作用について

インフルエンザの予防接種を受けるにあたって6か月以上3歳未満/3歳以上13歳未満 …

赤ちゃんに予防接種!ロタウイルスはいつまで?副作用や料金

冬に流行時期を迎えるロタウイルス。 5歳になるまでに、ほとんどの乳幼児が1度は感 …

インフルエンザの予防接種を子供にする時期は?副作用や腕が腫れる?

毎年必ずニュースで話題になるインフルエンザ。 ニュースだけでなく、みなさんの周り …

赤ちゃんにロタウイルスの予防接種は必要?症状と予防法?

毎年2~3月にかけて流行するロタウイルス。 乳幼児のほとんどが感染すると言われて …

ノロウイルスの予防を家庭でする方法は栄養摂取と消毒?

秋から冬にかけて流行するノロウイルス。 その時期と言えば「受験」を控えている学生 …

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種を他の予防接種と?同時接種と副作用

赤ちゃんは生後6ヵ月からインフルエンザの予防接種を受ける事ができるようになります …

インフルエンザの予防に手洗いやうがいと空気清浄機の効果は?

毎年冬になると流行するインフルエンザ。 家族の1人が感染してしまい、やがては家族 …